言葉手帳 | ページ 8

「夢幻」の意味は?使い方・類語を解説

「夢幻」の意味 「夢幻」の読み方は「むげん/ゆめまぼろし」と読み、夢と幻、非常にはかないことのたとえを意味します。 四字熟語 夢幻泡影むげんほうよう・泡沫夢幻ほうまつむげん 実体がなく、はかないことのたとえ 使い方・例文 […]

「群雲」の意味は?使い方・類語を解説

「群雲」の意味 「群雲・叢雲」の読み方は「むらくも」と読み、群がり集まった雲を意味します。 慣用句 月に叢雲花に風 よいことには邪魔が入りやすい、長続きしないことのたとえ 使い方・例文 群雲が月にかかる 群雲が晴れる 遠 […]

「むっと」の意味は?使い方・類語を解説

「むっと」の意味 「むっと」とは、 怒りや不満で表情がこわばるさま 熱気や悪臭で息が詰まりそうに感じるさま を意味します。 使い方・例文 怒りや不満で表情がこわばるさま 失礼な言葉にむっとする からかわれてむっとする 気 […]

「虫歯」の意味は?使い方・類語を解説

「虫歯」の意味 「虫歯・齲歯」の読み方は「むしば」と読み、口腔細菌により、硬組織が破壊された歯を意味します。 使い方・例文 虫歯が痛む 虫歯が悪化する 虫歯を治療する 虫歯にならないよう歯磨きする 類語 口腔細菌により、 […]

「向こう脛」の意味は?使い方・類語を解説

「向こう脛」の意味 「向こう脛」の読み方は「むこうずね」と読み、脛の前面を意味します。 使い方・例文 階段の段差で向こう脛を打つ 向こう脛を蹴って怯ませる 転んで向こう脛を擦りむいた 類語 脛の前面 向か脛はぎ・弁慶の泣 […]

「胸板」の意味は?使い方・類語を解説

「胸板」の意味 「胸板」の読み方は「むないた」と読み、 胸部の平らな部分 鎧の胸に当てる部分 を意味します。 使い方・例文 胸部の平らな部分 彼は胸板が厚い 胸板を叩いて自慢する 鎧の胸に当てる部分 胸板を剣が貫く 胸板 […]

「胸倉」の意味は?使い方・類語を解説

「胸倉」の意味 「胸倉・胸座」の読み方は「むなぐら」と読み、衣服の胸の部分を意味します。 慣用句 胸倉を取る 相手の胸倉を掴む 使い方・例文 胸倉を掴み怒りを露にする 胸倉を掴んで放り投げる 胸倉を叩いて相手を責める 胸 […]

「胸糞が悪い」の意味は?使い方・類語を解説

「胸糞が悪い」の意味 「胸糞が悪い」の読み方は「むなくそがわるい」と読み、胸がむかむかするほど不快であることを意味します。 使い方・例文 陰気な話で、聞いていて胸糞が悪くなる 嫌いな人の顔を見るだけで胸糞が悪くなる 彼の […]

「胸元」の意味は?使い方・類語を解説

「胸元」の意味 「胸元・胸許」の読み方は「むなもと」と読み、胸のあたりを意味します。 使い方・例文 胸元のリボンを結ぶ シャツの胸元を緩める 胸元に刃物で刺された跡がある 胸元に大事な物を仕舞う 類語 胸のあたり 胸先・ […]