「二字熟語」の記事一覧 | ページ 2 | 言葉手帳

「二字熟語」の記事一覧

「虫歯」の意味は?使い方・類語を解説

「虫歯」の意味 「虫歯・齲歯」の読み方は「むしば」と読み、口腔細菌により、硬組織が破壊された歯を意味します。 使い方・例文 虫歯が痛む 虫歯が悪化する 虫歯を治療する 虫歯にならないよう歯磨きする 類語 口腔細菌により、 […]

「胸板」の意味は?使い方・類語を解説

「胸板」の意味 「胸板」の読み方は「むないた」と読み、 胸部の平らな部分 鎧の胸に当てる部分 を意味します。 使い方・例文 胸部の平らな部分 彼は胸板が厚い 胸板を叩いて自慢する 鎧の胸に当てる部分 胸板を剣が貫く 胸板 […]

「胸倉」の意味は?使い方・類語を解説

「胸倉」の意味 「胸倉・胸座」の読み方は「むなぐら」と読み、衣服の胸の部分を意味します。 慣用句 胸倉を取る 相手の胸倉を掴む 使い方・例文 胸倉を掴み怒りを露にする 胸倉を掴んで放り投げる 胸倉を叩いて相手を責める 胸 […]

「胸元」の意味は?使い方・類語を解説

「胸元」の意味 「胸元・胸許」の読み方は「むなもと」と読み、胸のあたりを意味します。 使い方・例文 胸元のリボンを結ぶ シャツの胸元を緩める 胸元に刃物で刺された跡がある 胸元に大事な物を仕舞う 類語 胸のあたり 胸先・ […]

「胸先」の意味は?使い方・類語を解説

「胸先」の意味 「胸先・胸前」の読み方は「むなさき」と読み、胸のみぞおちのあたりを意味します。 使い方・例文 胸先がちくちく痛む 胸先に剣を突き付ける 胸先まで髪を伸ばす 胸先に気持ち悪さが込み上げる 類語 胸のみぞおち […]

「無垢」の意味は?使い方・類語を解説

「無垢」の意味 「無垢」の読み方は「むく」と読み、 心身の汚れていないこと 仏教で、一切の煩悩を離れていること 混じりもののないこと 表裏を同質同色で仕立てた着物 を意味します。 使い方・例文 心身の汚れていないこと 子 […]

「霧笛」の意味は?使い方・類語を解説

「霧笛」の意味 「霧笛」の読み方は「むてき/きりぶえ」と読み、濃霧のとき、船舶の事故を防止するために鳴らす汽笛を意味します。 使い方・例文 船が霧笛を鳴らす 灯台の霧笛を鳴らす 類語 濃霧のとき、船舶の事故を防止するため […]

「霧散」の意味は?使い方・類語を解説

「霧散」の意味 「霧散」の読み方は「むさん」と読み、霧が晴れるように、跡形もなく消えることを意味します。 使い方・例文 風に吹かれて灰が霧散する 人混みが霧散する 集中力が霧散する 不安が霧散する 類語 霧が晴れるように […]

「無月」の意味は?使い方・類語を解説

「無月」の意味 「無月」の読み方は「むげつ」と読み、空が曇って月が見えないことを意味します。 特に、中秋の名月に月が見えないことを指す言葉です。 雨で名月が見られない場合は「雨月」と言います。 四字熟語 中秋無月 悪天候 […]