言葉手帳

「目が無い」の意味は?使い方・類語を解説

「目が無い」の意味 「目が無い」の読み方は「めがない」と読み、 思慮分別をなくすほど好きである 物事の良し悪しを識別する力がない ことを意味します。 「目じゃない」という場合は、意味が異なります。 使い方・例文 思慮分別 […]

「目を瞑る」の意味は?使い方・類語を解説

「目を瞑る」の意味 「目を瞑る」の読み方は「めをつぶる」と読み、 目を閉じて眠る 欠点・過失などを見て見ぬふりをする 我慢する、諦める 死ぬ ことを意味しますが、現在は1~3の意味でよく使われます。 使い方・例文 目を閉 […]

「目を離す」の意味は?使い方・類語を解説

「目を離す」の意味 「目を離す」の読み方は「めをはなす」と読み、注意していた目を逸らすことを意味します。 「目が離せない」という場合は、意味が異なります。 使い方・例文 目を離した隙にペットが逃げた この子は目を離すとす […]

「目に付く」の意味は?使い方・類語を解説

「目に付く」の意味 「目に付く」の読み方は「めにつく」と読み、 目立って見える 見て忘れられなくなる ことを意味しますが、現在は1の意味でよく使われます。 使い方・例文 目立って見える 目に付く場所に花を飾る 休日なので […]

「目じゃない」の意味は?使い方・類語を解説

「目じゃない」の意味 「目じゃない」の読み方は「めじゃない」と読み、問題にならない、相手にならないことを意味します。 使い方・例文 私の実力なら、彼なんて目じゃない この程度のトラブルなんて目じゃない 類語 問題にならな […]

「目を覚ます」の意味は?使い方・類語を解説

「目を覚ます」の意味 「目を覚ます」の読み方は「めをさます」と読み、 眠りから起きる 迷っている状態から正しい状態に戻す それまで表面に出なかった性質などが現れる びっくりする ことを意味しますが、現在は1~3の意味でよ […]

「目を配る」の意味は?使い方・類語を解説

「目を配る」の意味 「目を配る」の読み方は「めをくばる」と読み、注意してあちこちを見ることを意味します。 使い方・例文 周囲に目を配る ミスがないようしっかり目を配る 厳しい警戒の目を配る 全ての人々に目を配る余裕はない […]