言葉手帳 | ページ 3

「真心」の意味は?使い方・類語を解説

「真心」の意味 「真心」の読み方は「まごころ」と読み、偽りや飾りのない心を意味します。 使い方・例文 子供の真心 真心をこめる 真心が相手に通じる 真心からの言葉 類語 偽りや飾りのない心 至心・丹心・赤心・信実・実意

「守る」の意味は?使い方・類語を解説

「守る」の意味 「守る」の読み方は「まもる」と読み、 侵されないよう防ぐ、攻撃に備える 決めたことに従う 目を離さないで見る 様子を見定める を意味しますが、現在は1、2の意味でよく使われます。 3の意味では、現在は「守 […]

「瞬く」の意味は?使い方・類語を解説

「瞬く」の意味 「瞬く」の読み方は「またたく」と読み、 瞼を瞬間的に開閉させる 光が明滅する どうにか生きながらえる を意味しますが、現在は1、2の意味でよく使われます。 使い方・例文 瞼を瞬間的に開閉させる 驚いたよう […]

「纏う」の意味は?使い方・類語を解説

「纏う」の意味 「纏う」の読み方は「まとう」と読み、 身につける 巻き付く、巻き付かせる を意味しますが、現在は1の意味でよく使われます。 使い方・例文 身につける 着物を身に纏う 静かな雰囲気を纏った人物 鮮やかな鱗を […]

「纏わる」の意味は?使い方・類語を解説

「纏わる」の意味 「纏わる」の読み方は「まつわる/まとわる」と読み、 物に絡みつく 絡みつくように離れない 関係する、関連する 筋が通らなくなる、訳が分からなくなる を意味しますが、現在は1~3の意味でよく使われます。 […]

「眉唾」の意味は?使い方・類語を解説

「眉唾」の意味 「眉唾」の読み方は「まゆつば」と読み、真偽の疑わしいもの、騙されないよう用心することを意味します。 「眉に唾を付ける」「眉に唾する」「眉に唾を塗る」とも言います。 眉に唾を付けておくと、狐や狸などに騙され […]

「間延び」の意味は?使い方・類語を解説

「間延び」の意味 「間延び」の読み方は「まのび」と読み、間が空くこと、どことなく締まりのないことを意味します。 使い方・例文 時間が間延びしたように長く感じられる 字間が間延びして読みにくい 間延びして退屈な話 間延びし […]

「間配る」の意味は?使い方を解説

「間配る」の意味 「間配る」の読み方は「まくばる」と読み、間隔をおいて配置する、あちらこちらに分けることを意味します。 使い方・例文 庭に植物の種を間配る 座席に皿を間配る 見張りを間配る

「まごつく」の意味は?使い方・類語を解説

「まごつく」の意味 「まごつく」とは、どうしたらいいか分からずうろたえることを意味します。 使い方・例文 不意を突かれてまごつく 難しい質問をされてまごつく 目的地までの道が分からずまごつく 慣れない作業にまごつく 類語 […]