「慣用句」の記事一覧 | ページ 3 | 言葉手帳

「慣用句」の記事一覧

「目の上の瘤」の意味は?使い方・類語を解説

「目の上の瘤」の意味 「目の上の瘤」の読み方は「めのうえのこぶ」と読み、自分より実力や地位が上で、何かと目障りになる人のたとえを意味します。 「目の上のたんこぶ」とも言いますが、意味は同じです。 使い方・例文 私にとって […]

「目を留める」の意味は?使い方・類語を解説

「目を留める」の意味 「目を留める」の読み方は「めをとめる」と読み、注意して見ることを意味します。 「目が留まる」という場合は、多くの中で、特にあるものに注意が向くことを意味します。 使い方・例文 扉から入ってきた人物に […]

「目を奪う」の意味は?使い方・類語を解説

「目を奪う」の意味 「目を奪う」の読み方は「めをうばう」と読み、美しさ、鮮やかさなどで見とれさせることを意味します。 使い方・例文 彼女の美しさに目を奪われる 山脈の風景に目を奪われる 華やかなドレスに目を奪われる サー […]

「目をつける」の意味は?使い方・類語を解説

「目をつける」の意味 「目をつける」の読み方は「めをつける」と読み、特に注意して見ることを意味します。 使い方・例文 以前から目をつけていたお店へ行く 予約商品にいち早く目をつける 彼は容疑者として警察に目をつけられてい […]

「目に物言わす」の意味は?使い方・類語を解説

「目に物言わす」の意味 「目に物言わす」の読み方は「めにものいわす」と読み、目つきだけで相手に気持ちを伝えることを意味します。 「目で物を言う」とも言いますが、意味は同じです。 相手を威圧したり、要求を伝えようとするとき […]

「目は心の窓」の意味は?使い方・類語を解説

「目は心の窓」の意味 「目は心の窓」の読み方は「めはこころのまど」と読み、目を見ればその人の心の様子が分かることを意味します。 使い方・例文 目は心の窓というように、口にせずとも落ち込んでいるのが分かる 目は心の窓という […]

「目は心の鏡」の意味は?使い方・類語を解説

「目は心の鏡」の意味 「目は心の鏡」の読み方は「めはこころのかがみ」と読み、目を見ればその人の心の様子が分かることを意味します。 使い方・例文 目は心の鏡というように、その人の人柄が現れる 目は心の鏡というから、日頃の行 […]