「慣用句」の記事一覧 | ページ 4 | 言葉手帳

「慣用句」の記事一覧

「目を凝らす」の意味は?使い方・類語を解説

「目を凝らす」の意味 「目を凝らす」の読み方は「めをこらす」と読み、よく見ようとじっと見詰めることを意味します。 使い方・例文 周囲に異常がないか目を凝らす 目を凝らして、遠くに立つ人物を確認する 足元に目を凝らすと、小 […]

「目を掛ける」の意味は?使い方・類語を解説

「目を掛ける」の意味 「目を掛ける」の読み方は「めをかける」と読み、 親切に世話する、贔屓ひいきにする 注意して見入る ことを意味しますが、現在は1の意味でよく使われます。 1の意味では「目に掛ける」とも言いますが、意味 […]

「目に見えて」の意味は?使い方・類語を解説

「目に見えて」の意味 「目に見えて」の読み方は「めにみえて」と読み、 見た感じではっきりそうだとわかる そうなることが確実である ことを意味します。 使い方・例文 見た感じではっきりそうだとわかる ピアノが目に見えて上達 […]

「目を背ける」の意味は?使い方・類語を解説

「目を背ける」の意味 「目を背ける」の読み方は「めをそむける」と読み、 見ていられずに視線を逸らす 関わり合いになることを避ける ことを意味します。 使い方・例文 見ていられずに視線を逸らす 事件現場の悲惨さに目を背ける […]

「目を逸らす」の意味は?使い方・類語を解説

「目を逸らす」の意味 「目を逸らす」の読み方は「めをそらす」と読み、 別の方向に視線を向ける 直面している事柄を見ないようにする ことを意味します。 使い方・例文 別の方向に視線を向ける 目を逸らして背後を振り返る 恥ず […]

「目を覆う」の意味は?使い方・類語を解説

「目を覆う」の意味 「目を覆う」の読み方は「めをおおう」と読み、 事実を直視しない あまりに酷くて直視できない ことを意味します。 使い方・例文 事実を直視しない 真実を見たくないというように目を覆う 目を覆って真実を調 […]

「目に浮かぶ」の意味は?使い方・類語を解説

「目に浮かぶ」の意味 「目に浮かぶ」の読み方は「めにうかぶ」と読み、実際に見ているように、頭の中に描き出されることを意味します。 使い方・例文 故郷の情景が目に浮かぶ 幼少期の彼の姿が目に浮かぶ 彼女の喜ぶ姿が目に浮かぶ […]

「目に余る」の意味は?使い方・類語を解説

「目に余る」の意味 「目に余る」の読み方は「めにあまる」と読み、 程度が酷くて見過ごすことができない 数が多くて一目で見渡せない ことを意味します。 使い方・例文 程度が酷くて見過ごすことができない 態度の悪さが目に余る […]