「慣用句」の記事一覧 | ページ 2 | 言葉手帳

「慣用句」の記事一覧

「目の付け所」の意味は?使い方・類語を解説

「目の付け所」の意味 「目の付け所」の読み方は「めのつけどころ」と読み、注目すべきところを意味します。 使い方・例文 そこに気付くとは、目の付け所が良い 一流は目の付け所が違う 彼の目の付け所は間違っていなかった 目の付 […]

「目と鼻の先」の意味は?使い方・類語を解説

「目と鼻の先」の意味 「目と鼻の先」の読み方は「めとはなのさき」と読み、極めて距離が近いことを意味します。 「目と鼻の間」とも言いますが、意味は同じです。 使い方・例文 目的地まで目と鼻の先だ 自宅と友人の家は、ほんの目 […]

「目を通す」の意味は?使い方・類語を解説

「目を通す」の意味 「目を通す」の読み方は「めをとおす」と読み、一通り見ることを意味します。 使い方・例文 書類に目を通す 新聞に目を通す 手紙に目を通す 帳簿に目を通す 類語 一通り見る 通覧・一覧・閲覧・総覧・通観・ […]

「目を盗む」の意味は?使い方・類語を解説

「目を盗む」の意味 「目を盗む」の読み方は「めをぬすむ」と読み、人に見つからないように、こっそりすることを意味します。 「人目を盗む」とも言いますが、意味は同じです。 使い方・例文 親の目を盗んで勉強をさぼる 家族の目を […]

「目を細める」の意味は?使い方・類語を解説

「目を細める」の意味 「目を細める」の読み方は「めをほそめる」と読み、嬉しさなどで満面の笑みを浮かべることを意味します。 「目を細くする」とも言いますが、意味は同じです。 使い方・例文 幼子が遊ぶ姿に目を細める 子犬の可 […]

「目を疑う」の意味は?使い方・類語を解説

「目を疑う」の意味 「目を疑う」の読み方は「めをうたがう」と読み、実際に見ても信じられないほど不思議に思うことを意味します。 聞いたことについて疑わしいときは「耳を疑う」と言います。 使い方・例文 彼の変貌ぶりに目を疑う […]