「慣用句」の記事一覧 | ページ 5 | 言葉手帳

「慣用句」の記事一覧

「気を揉む」の意味は?使い方・類語を解説

「気を揉む」の意味 「気を揉む」という慣用句には、あれこれと心配して悩むという意味があります。 「気を揉む」の「揉む」は不安な気持ちがあっちへ行ったりこっちへ行ったりと押し合って、心の中で葛藤する様子を表わします。 「気 […]

「気が置けない」の意味は?例文・類語を解説

「気が置けない」の意味 「気が置けない」という慣用句には、遠慮する必要がなく、心から打ち解けられるという意味があり、「気の置けない」とも言われます。 人や人以外のものを指すときにも使える言葉ですが、「置けない」という言葉 […]

「感に堪えない」の意味は?使い方・類語を解説

「感に堪えない」の意味 「感に堪えない」という慣用句には、深く感動して、それを表に出さずにいられないという意味があります。 「感に堪える」と言われることもありますが、「感に堪えない」を打消しの語を伴わないと「感に堪える」 […]

「思いを馳せる」の意味は?使い方と類語を解説

「思いを馳せる」の意味 「思いを馳せる」という慣用句には、遠く離れている人・物事を思うという意味があります。 「思いを馳せる」と同じ意味を持つ慣用句に「思いを致す」というものがありますが、この場合の「致す」は心が思うとこ […]

「悦に入る」の意味は?使い方・類語を解説

「悦に入る」の意味 「悦に入る」という慣用句には、物事が思い通りに進み、満足して喜ぶという意味があります。 「悦に入る」の「悦」には嬉しがるという意味がありますが、「踊り上がって悦に入る」というような、激しくわき起こる喜 […]

「足を引っ張る」の意味は?使い方・類語を解説

「足を引っ張る」の意味 「足を引っ張る」という慣用句には、他人の成功・前進を邪魔するという意味があります。 他人の成功を意図的に妨げる意味でも使われますが、意図的でなくても、ある人の行為が進行の妨げとなっているときにも使 […]