「慣用句」の記事一覧 | ページ 5 | 言葉手帳

「慣用句」の記事一覧

「目端が利く」の意味は?使い方・類語を解説

「目端が利く」の意味 「目端が利く」の読み方は「めはしがきく」と読み、その場に応じて才知が働くことを意味します。 「目端」とは、その場の様子を見はからう気転のことです。 「目端を利かす」とも言いますが、意味は同じです。 […]

「目が早い」の意味は?使い方・類語を解説

「目が早い」の意味 「目が早い」の読み方は「めがはやい」と読み、注意や関心が素早く向くことを意味します。 「目早い」と言われることもありますが、意味は同じです。 聞きつけるのが早い場合は「耳聡い」「耳が早い」と言います。 […]

「目が利く」の意味は?使い方・類語を解説

「目が利く」の意味 「目が利く」の読み方は「めがきく」と読み、物の価値を見分ける能力があることを意味します。 誤用 「目が利く」を「目が効く」と書くのは誤用です。 使い方・例文 骨董品に目が利く 目が利く人に美術品の鑑定 […]

「目が高い」の意味は?使い方・類語を解説

「目が高い」の意味 「目が高い」の読み方は「めがたかい」と読み、鑑識眼が優れていることを意味します。 「目」に敬語表現を加えて「お目が高い」という形で使われることが多いです。 使い方・例文 こちらの品をお選びになるとは、 […]