「自動詞」の記事一覧 | ページ 5 | 言葉手帳

「自動詞」の記事一覧

「籠もる」の意味は?使い方・類語を解説

「籠もる」の意味 「籠もる」の読み方は「こもる」と読み、 中に入ったまま外に出ないでいる 音や声が中に閉じ込められて、外にはっきり伝わらない 気体などが外に出ないでいっぱいに満ちる 力・感情などがいっぱいに含まれる 包ま […]

「焦がれる」の意味は?使い方・類語を解説

「焦がれる」の意味 「焦がれる」の読み方は「こがれる」と読み、 恋い慕って思い悩む、切ないまでに思いを寄せる そうなりたいと強く望む、憧れ 居ても立っても居られないほどである 火に焼けて黒くなる、焦げる、火に焦げたような […]

「気圧される」の意味は?使い方・類語を解説

「気圧される」の意味 「気圧される」の読み方は「けおされる」と読み、「きあつされる」と読むのは誤読です。 「気圧される」には、相手の勢いに押されるという意味があり、「気」が「圧される」ので「気圧される」または「気押される […]

「嗾ける」の意味は?使い方・類語を解説

「嗾ける」の意味・語源 「嗾ける」の読み方は「けしかける」と読み、 他人をあおったりおだてたりして、自分の思う通りにさせる 勢いづけて、相手を攻撃させる といった意味がありますが、現在は1の意味で使われることが多い言葉で […]

「頽れる」の意味は?使い方・類語を解説

「頽れる」の意味 「頽れる」の読み方は「くずおれる」と読み、 崩れるように倒れる、座る 気落ちする 体力・思考力が衰える といった意味があり、1、2の意味で使われることの多い言葉です。3の意味では古語などで使われます。 […]

「くぐもる」の意味は?例文・類語を解説

「くぐもる」の意味 「くぐもる」という言葉には、 声などが中にこもる、はっきりしない 口ごもる という意味がありますが、1の意味でよく使われます。 漢字で書くと「曇くぐもる」となりますが、「曇くもる」とも読めるので、ひら […]

「燻る」の意味は?使い方・類語を解説

「燻る」の意味 「燻る」の読み方は「くすぶる」と読み、 火がよく燃えず煙ばかり出る 煙のすすで黒くなる 心の底で思い続ける 争いごとなどが完全に決着せず続いている 人の地位・状態などがその段階にとどまったまま低迷している […]

「窮する」の意味は?例文・類語を解説

「窮する」の意味 「窮する」という言葉には、 行き詰る 逆境・貧乏などに追い詰められて苦しむ といった意味があります。 「窮」という漢字は、つまる・ふさがる・きわまる、苦しむ・困る・貧しくなるといった意味を持つ漢字です。 […]

「興じる」の意味は?例文・類語を解説

「興じる」の意味 「興じる」の読み方は「きょうじる」と読み、「こうじる」と読むのは誤読です。 「興じる」は「興ずる」と同じ意味で、 面白がって熱中する 楽しんで愉快に過ごす といった意味があります。 「興じる」の使い方・ […]

「煌めく」の意味は?使い方・類語を解説

「煌めく」の意味 「煌めく」の読み方は「きらめく」と読み、 きらきらと光り輝く 派手に飾り立てる、振る舞う 盛んにもてなす といった意味がありますが、現在は主に1の意味で使われ、「燦めく」と書かれることもあります。 1の […]