「自動詞」の記事一覧 | ページ 2 | 言葉手帳

「自動詞」の記事一覧

「呆ける」の意味は?使い方・類語を解説

「呆ける」の意味 「呆ける」の読み方は「ほうける/ぼける」と読み、読み方によって意味が異なります。 ほうけると読む場合 「呆ほうける・惚ける・耄ける」と読む場合、 意識・知覚が鈍った状態になる 夢中になる を意味します。 […]

「独り言ちる」の意味は?使い方・類語を解説

「独り言ちる」の意味 「独り言ちる」の読み方は「ひとりごちる」と読み、独り言を言うことを意味します。 「独り言ちる」は名詞の「独り言」を動詞化した言葉です。 古文では「独りごつ」の形で使われます。 使い方・例文 自分に話 […]

「鄙びる」の意味は?使い方を解説

「鄙びる」の意味 「鄙びる」の読み方は「ひなびる」と読み、 いかにも田舎らしい感じがする 言葉が訛る といった意味があります。 使い方・例文 いかにも田舎らしい感じがする 鄙びた町 鄙びた駅 鄙びた旅館 言葉が訛る 鄙び […]

「僻む」の意味は?使い方・類語を解説

「僻む」の意味 「僻む」の読み方は「ひがむ」と読み、物事を素直に受け取らず、自分が不当に扱われていると思い込む、歪んだ考え方をするという意味があります。 使い方・例文 貧乏育ちの彼は、お金のことになると僻みやすい 自信が […]

「晴れ渡る」の意味は?使い方・類語を解説

「晴れ渡る」の意味 「晴れ渡る」の読み方は「はれわたる」と読み、 空一面に晴れる 飾り立てて華々しく通行する といった意味がありますが、現在は1の意味で使われます。 使い方・例文 空一面に晴れる 空が晴れ渡る 雲一つなく […]

「映える」の意味は?使い方・類語を解説

「映える」の意味 「映える」の読み方は「はえる」と読み、 光を受けて輝く 引き立って鮮やかに見える、よく調和する 立派に見える、目立つ といった意味があります。 3の意味で使うときは「栄える」とも書き、「映えない(栄えな […]

「逸る」の意味は?使い方・類語を解説

「逸る」の意味 「逸る/早る」の読み方は「はやる」と読み、 心が進む、あせる 勇み立つ 調子に乗る、興に乗る といった意味がありますが、現在は1、2の意味で使われます。 使い方・例文 心が進む、あせる 逸る心を抑える あ […]