「自動詞」の記事一覧 | ページ 6 | 言葉手帳

「自動詞」の記事一覧

「託ける」の意味は?使い方と類語を解説

「託ける」の意味 「託ける」の読み方は「かこつける」と読み、他に関係のない物事のせいにするという意味があります。 何かを言い訳にして、やらなければならないことをやらないという意味合いで使われ、「託つ」と言われることもあり […]

「傅く」の意味は?使い方・類語を解説

「傅く」の意味 「傅く」の読み方は「かしずく」と読み、 人に仕えて助ける、世話をする 子供を大切に育てる といった意味があり、「侍く」とも書かれます。 元々は2の意味でしたが、やがて1の意味で用いられるようになりました。 […]

「慄く・戦く」の意味は?例文・類語を解説

「慄く・戦く」の意味 「慄く・戦く」の読み方は「おののく」と読み、恐怖・寒さ・興奮などで体や手足が震えるという意味があります。 「恐れ戦く」という場合は恐ろしさで震えあがるという意味になり、「戦く」を加えることで恐怖感を […]

「重んじる」の意味は?例文と類義語・対義語を解説

「重んじる」の意味 「重んじる」の読み方は「おもんじる」と読み、尊重するという意味があります。 元は「重んずる」と言われていましたが、それが「重んじる」とも言われるようになったため「重んずる」も「重んじる」も意味は同じで […]

「臆する」の意味は?例文・類語を解説

「臆する」の意味 「臆する」の読み方は「おくする」と読み、気後れして恐れる、怖気づく、恐れるといった意味があります。 反対に「臆せず」「怖おめず臆せず」と言うことで恐れずに、気後れせずにという意味になります。 また「臆す […]

「蠢く」の意味は?使い方・類語を解説

「蠢く」の読み・意味 「蠢く」は「うごめく」と読みますが、「むくめく」、「おごめく」とも読むことができます。 「蠢く」はわずかに絶えず動くという意味があり、「蠢」という漢字は春になって、虫が這うように蠢く様子を意味してい […]

「渦巻く」の意味は?使い方・類語を解説

「渦巻く」の意味 「渦巻く」という言葉には、 水・気体などが渦になって回る 渦に似た形で激しく回る 感情が渦のように激しく入り乱れる といった意味があります。 1の意味が転じて、2のように人や物が渦のように動く様子や、3 […]

「打ちひしがれる」「打ちのめされる」の意味・違いは?使い方・類語を解説

「打ちひしがれる」・「打ちのめされる」の意味 「打ちひしがれる」は「打ちひしぐ」の受け身の言葉で、「打ちひしぐ」には武器などで相手を叩きのめす、意欲・意気がそがれる、意気消沈するという意味があります。 「打ちのめされる」 […]

「倦む」の意味は?使い方・類語を解説

「倦む」の読み・意味 「倦む」は「うむ」または「あぐむ」と読み、 嫌になる、飽きる、飽きて疲れる、退屈する 気を落とす、失望する 物事をやり遂げることができず、嫌になったり、持て余すこと といった意味があります。 1の意 […]

「浮かされる」の意味は?使い方・類語を解説

「浮かされる」の意味 「浮かされる」という言葉には、 何かに心を奪われて、浮ついたようになる 高熱で意識がはっきりしなくなる 茶などを飲んで興奮し、眠れなくなる といった意味があります。 「浮かされる」の誤用 「熱に浮か […]